お米ができるまで

フレンドリーファームいしでらですくすく育つ、お米の1年。
たくさん手間をかけ、一生懸命作ります。
しろかき

4月

  • 育苗箱(いくびょうばこ)に種をまきます。
  • 田おこしをします。田んぼに肥料をあたえ、よく耕し、酸素をたっぷりすわせてバランスのよい土をつくります。
  • しろかきをします。田に水を引き、水の深さや水はけにムラが出ないように表面をならします。
田植

5月

  • 田植えをします。
  • 田植え後は、9月上旬まで、こまめに水管理をします。
6月草取り のコピー

6月

  • 田の土をほぐし、雑草をとります。
  • 水管理の効果を高められるよう、苗の間にみぞをつける溝切り作業を行います。
943caa488faa290976483b9cb30f29d3

7月〜8月

  • 苗の根をいためるためガスをぬき、酸素をとりいれるため田の土をかわかします。
  • 稲穂を育てるための肥料を与えます。
  • 病害虫を防ぐための農薬をまきます。
稲刈り

9月〜10月

  • 稲刈りをします。
  • もみを乾燥させ、もみがらを落として玄米にします。
  • 玄米を袋につめ、保管します。
  • 販売店などを通じ、お米が消費者の食卓に並びます。
  • 来年の種にするもみを選びます。
8263ac77358214368b49b82b71561dbe

11月〜3月

  • 来年に向けての土作り、生産計画を練ります。

お米の栽培暦