私たちの取り組み

魚のゆりかご水田プロジェクト

かつて琵琶湖周辺の田んぼは、フナ、コイ、ナマズなどの魚類にとって絶好の産卵場所でした。しかし、琵琶湖の総合開発や圃場整備事業によって、 田んぼと水路との間に 大きな落差が生じ、農薬、除草剤などの開発で魚にとって住むことのできない田んぼになってしまいました。鮒寿司の材料として滋賀県で長く親しまれてきたニゴロブナも激減し、魚を餌としていた他の生き物の姿も見えなくなりました。
 
そこで魚道を作ったり、稚魚を放流し、成長すると琵琶湖に再び魚を還す、琵琶湖の魚に優しい取りくみが滋賀県で行われております。
 
フレンドリーファームいしでらもその取りくみを推奨し、地域の小学生や子ども会と協力することで、人と生き物が共生する環境作りに努めています。
 
魚のゆりかご水田とは(滋賀県HP)

ゆりかご水田プロジェクト

環境こだわり米

環境こだわり米とは、
 

  • 化学合成農薬の使用量を通常使用量の半分以下
  • 化学肥料(窒素成分)を通常使用量の半分以下
  • 泥水を流さないなどびわ湖をはじめ環境にやさしい技術で栽培する
  • どのように栽培したかを記録する

 
この基準をクリアして栽培された農作物を、「環境こだわり米」として滋賀県が認証し、より安全・安心な滋賀県のブランド米として販売されています。
フレンドリーファームでもこの環境こだわり米を生産し、人にも自然にも優しい米づくりを心がけています。
 
環境こだわり農産物とは(外部リンク)

環境こだわり農産物

学校給食野菜の提供

彦根市では、地元で採れた安全で安心な野菜を学校給食で使ってもらい、地域の子供達に食べてもらうための取組を進めています。米作りが盛んな地域であるため、野菜生産を専門に行っている大規模な農家は少数です。
 
フレンドリーファームは米の他に野菜の生産も行なっているため、近隣の小学校に給食野菜を提供し、地産地消を促進する活動に貢献しています。

学校給食野菜